家の設備やリフォームについて知り快適な環境にする

安価にする方法

コールセンターの笑顔の女

庭園を自分で管理するのは、手間もかかりますし、確かな知識が必要な為、非常に大変です。特に、大きな庭園を持つ方や和風庭園を持たれている方は、庭園の管理を、造園のプロである造園業者に依頼される方がほとんどだと思います。 造園業者は、庭師とも呼ばれるその道のプロです。庭を管理していく上で、必要な知識を持ち合わせていますので、安心して任せられると思います。しかし、プロの方に任せると言う事は、コストもそれだけかかると言う事になります。 造園業者に庭園管理を依頼する上で、費用を抑える方法があります。 それは、樹木を剪定して出来たごみの処分を、自らが行う事です。 造園業者に依頼して、請求される管理費用の中で、意外と剪定ごみ代金は高いのです。しかし、ごみの処分はプロで無くても出来ますよね。幹がかなり太い枝葉枝は別として、普通のサイズの枝葉枝は、自分で細かく切って捨てる事で、管理費用を安価にする事が可能なのです。

造園業者に依頼した際の、管理費用のほとんどは造園業者の人件費です。 人件費とは、庭を管理する職人が何時間作業したかを表わします。造園業者によって異なりますが、職人一人が一日庭の管理作業をしたら、一人当たりこのくらいの請求が来ますよ。と、事前に通知をされていると思います。 要するに、職人一人当たりの単価に、何人の職人が作業をして、どれくらい時間がかかったかで、人件費は変わってくるのです。 職人一人当たりの価格相場は、だいたい13000円から20000円ぐらいの価格相場のようです。これは、職人が一日働いた際の日当です。どこの造園業者も、だいたいこのぐらいの価格相場で経営しているのです。 このように、庭を管理していく中で、どこの部分に一番費用がかかっているのかを把握する事で、今後の節約にも繋がると思います。それは、植木を減らす事や雑草対策として砂利を敷く等が挙げられます。これらの工夫を行う事で、造園業者の手間が減り、その分管理費用の節約に繋がるのです。

窓について考える

ペンを持つ作業服の男性

窓について考えることは、家の内部環境を考えることに繋がります。家の内部は窓を通じて密接に通じており、その素材や構造について考えることで空調を変えることができます。

Read more »

安全に取り付ける

外を見るビジネスウーマン

プロに任せた方が良い作業があります。それは例えばガスや電気といった、動力が関係する場所です。ガスや電気は強いエネルギーを生み出しているので、給湯器を取り付ける時は特に注意したいものです。

Read more »

空気を綺麗にする

工具と女性

ガスや煙は部屋に充満してはいけません。これが続いてしまうと部屋の中がとても不衛生になり、快適に過ごすことができなくなってしまいます。給気や排気が上手く行かなくなったら換気扇交換を行うべきです。

Read more »

新しい価値がある

窓掃除する女

物には価値や使用価値がありますが、使用価値が薄れてきた場合は値段も安くなってきます。中古マンションをリノベーションすることで、新しい価値を付加することができます。

Read more »

集合住宅を改造

窓の広い部屋

集合住宅が建てられるようになってきてから早40年が経過しています。中古マンションでもマンションリフォームを行なえば充分に住める家が多いです。入居した後にリノベーションするという方法もあります。

Read more »